今年を振り返ってみる

2018年が終わろうとしています、ミラです。
今日はせっかくなので今年を振り返ろうと思います。

まず今年はVtuberの年と言ってもいいほどバーチャル関係が成長しました。
容姿や性別に関係なくバーチャル美少女受肉(バ美肉)すれば二次元の住民になれる。
楽園はそこにあった!みたいな未来や希望を感じますね。
そして今年は同時に仮想通過ブームも大きく動きました。
流れに乗って大量のお金を手に入れた「億り人」と呼ばれる人たちは、果たしてどうなったか。
皆が売ってる時に買い皆が買ってる時に売る、という投資の鉄則らしいですね。
なんというか投資は難しいです。
あと今年最も話題になったと思われる悪質タックル・・・は、触れなくていいや。
この辺りについては他のところが散々まとめてると思うのでそっち参照してください。

ここからは私からみた今年の話です。
結局今年もグラブルしかしてない気がしました。
マグナⅡ搭載でカツオ武士が流行り、ブルースフィア最終で水が強くなり、ヴァジラ再評価+水リミキャラ追加、さらに今日はガブリエル搭載。
ヴァジラだけは手に入れたのですが私はその他を持ってません。
ミュル3本挿しヴァルナ編成で今日も頑張ってます。
引いてないんですから自己責任でしょう。
仮面ライダーにもさらにハマった気がします、「万丈だ。」の構文はかなり流行った記憶がありますね。
オーズやWを見たのは今年か怪しいですが、カブトを最近見終えてフォーゼを見てます。
アマプラって最高だな!?
「しかるねこ」とか「壺登山」もTLに結構流れてきました。
ゲームもSwitchで色々出たなぁという印象あります。
今年は星のカービィスターアライズという最高のゲームが出た、最高。
ピカブイやスマブラはこれからさらに楽しんでいこうと思います。

リアルの話に関してはかなり大きな変化がありました、そして大きな成長もありました。
こちらはまだ語れる事が無いですが、そのうちどこかで語れたらいいなと思います。

あまり語ってない気がしますが今年はこんな感じ。
来年はいよいよ平成が終わります、思う事はありますがそれはその時に語っていこうと思います。
それではみなさん、良いお年を。