【闇要素注意】一部が全部になる理由

特定の趣味趣向を持つ集団が大きくなると発生する問題として、
「ごく一部の厄介な人がジャンルの評判を落とす」
というのがあります、今日はそれについてです。

まずこの話の前提としていくつか。
・ジャンル(全体)の中でも厄介は一部であり、多数は真っ当である事
・それなのに一部の過激さ故、ジャンル全体が厄介に見られてしまう事
この2点、当てはまるものはそこそこ多いと思います。

さて続きから色々と

 まず主軸である何故こうなるのかです。
私の経験則ですが、「多数の真っ当」ではなく「一部の厄介」にしか触れられない事ではないかなと。
「多数の真っ当」は基本的に周りに何らかのアクションを起こす事はありません、静かに暮らしてます。
逆に「一部の厄介は」周りにクソみたいな言動を周りに行います、クソです。
するとどうなるか、周り(ジャンル外)から触れるジャンルの人間が・・・。
一部の厄介「だけ」になってしまうのです。
するとどうなるか、人間は経験で判断することが多いので、そのジャンルについて判断する時に、
自分が触れた中のジャンルに所属する人でジャンルを評価します。
触れた事あるのは一部の厄介だけ、一部の厄介だけで評価するしかない。
そしてタイトル通り、「一部が全部になってしまう」のです。

この問題は数多のジャンルが抱える問題であります。
世の中にはイナゴみたいに流行りのジャンルで厄介行為を行い評価が落ちたら別のジャンルに移動するクソ共も居ます。
そういうクソ共はジャンルを腐敗させてしまう、ほんと氏んでくれ。

じゃあどうするか、方法は大まかに2つあります。
1つはそのクソ共の数を減らす事、焼き払えー!
単純明快かつ高難易度な方法です。
これが難しいのはそういうクソ共は頭がおかしい事が多いからです。
それが出来る人間が居るならぜひそういうクソ共を焼き払って頂きたいんですが、
クソ共を焼き払う際にクソのクソを浴びてクソになっては本末転倒です。
あと、単純に関わらないほうがいい。

そこで提案したい。
もう1つはジャンル外から触れられる真っ当なジャンルの人を増やす事です。
これは真っ当な多数の多くが心掛けないと難しいです。
しかし、比較的争い無く成果を挙げられるのでオススメ。
まず前提としてジャンル外に触れる人が真っ当な必要があります。
そして、真っ当な人はジャンル外にむやみに進出しません、ここが難しい。
例えが「ジャンル外からお客さんが来た時はしっかりもてなす」くらいしか浮かばないのがきつい。
一人一人が礼節を心掛け、ジャンルのイメージを変えていくのが理想なんだと思いますが。
あくまで理想な所が問題ですがね・・・。
何かその辺の解決策が浮かんだらまた記事にしたいなぁと目論んでます。

あ、もう1つあった。
一部の厄介をジャンルの総意のように拡散させるアフィ共を根絶やしにする事。
これの方が楽そう、広告先に凸るだけで良いですからね、アフィは害悪。