とあるチャットの話

今日は私がついったを始める前の話をしようと思います。

色々あって心折れてた時期、私はネットに入り浸るようになってました。
そしてポケモンのデータベースを取り扱うサイトから、その素材元としてとあるイラストサイトに流れ着き、
さらにそこの掲示板で交流とかをするようになっていました。

ある日、その掲示板に荒らしが発生しました。
その荒らしはログを流すタイプのもので、その荒らしのせいで掲示板が機能しませんでした。
そこで住民の誰かが避難所としてチャットを作りました、そこには見知った方が居たので入って少し今後について話してたような気がします。
その後しばらくして正確な日付はわかりませんが、とあるチャットが誕生してました。
正確な経緯はよく覚えてません(というか知らない)が、大体こんな感じだったと思います。
たぶん管理人さんが覚えてなければ詳しい経緯は完全に不明です。

よく見かける掲示板の住民が居るのでそこに入り浸るようになりました。
それから何年かそのチャットを主体に私は活動するようになりました。
色々な事がありました、スマブラXの更新をwktkしながら待ったり、年末には大会をしてみたり。
チャットのWikiができた時は私も積極的に更新してました、ネットのニュースを紹介する感じのコーナーを設けたりとかね。

しかし、3年くらい経つと各々の時間が合わない事が増えてきたのです。
私はこの問題を解決するべくレンタルSNS(Mixiみたいな)を借りて避難所にしようとしたのですが上手くいかず。
そんな中、ついったが流行り始めたのでそこに移動したような感じです。
今でもその住民とは頻繁に交流しています。

突然なんでこんな話を?と思うかもしれません、でも今日(辺り)だからこそ語りたかったのです。
理由は明日から1ヶ月の間のどこか、それがその某チャットが誕生して10年の記念日だからです。
10年ですよ?10年。ネットの交流は2年持てばいい方という言葉もありますが10年。
よく私が「10年くらいネットで交流してる友達が居る」みたいなことを言っていますが、だいたいはこの某チャットで交流してた方々です。
これからもどうぞよろしく。