星のカービィ ロボボプラネットについて

発売からかなり経ったしそろそろ語ろうと思います。
とりあえず、いつも通りの神ゲーでした。
一応ネタバレ回避のために続きで挟んでおきますね。

(続きます)

 今作は雰囲気としては「星のカービィ64」を連想させる出来に感じます。
3Dの世界を2Dで駆け巡るのは久々に感じました、さらにトリデラの奥マップも含めて色々な所を冒険できます。
さらにロボボの存在、ロボボでしかできない謎解きも多く2種類の・・・いや2種類×コピー数の操作性を楽しむことができます。
言葉でいうとすごく適当な感じがするかもですがとても楽しみました、私の語彙力が足りないから書いてる事が少ないだけ。

今作は過去作プレイ者なら感涙する要素も結構あったように思います、特に終盤。
まず、ロボボとはいえ戦艦ハルバードをコピーできたこと、私の知る限りカービィ史上「最大」の大きさのコピー能力です。
星の夢の殻が外れ第3形態になった時思わず絶叫しましたよ。
さらにクローンとはいえダークマターとも戦えた時の感動もやばい。

BGMも良かったです、サントラ早く出して頼む言い値で買うから、
メタナイト戦のアレンジであるメタナイトボーグ戦、ダークマター第1・2形態のアレンジであるダークマター・クローン戦とか懐古な私歓喜ですし、
星の夢戦、特に第1形態のBGMはとても好みです、控えめに言って最高。

しかし今作は欠点というか気になる点が2つほどありました。
1つ目は、「星の夢」との戦いがあまりにも長く、タイムアタックに向かない事
星の夢戦はほぼ専用コピーで挑み、さらに形態が多く時間がかかるので「コピー縛りのタイムアタック」という楽しみ方には向きません。
ボスバトル攻略してクリアと見なすならこれでも良いのですが、タイムアタックだとなんか向かない。
2つ目は、星の夢最終形態の最後の攻撃・・・一度これで投げかけました。
想像はできるかもしれないけど、ストーンでごり押しする人にはキツいですよアレ。

星の夢絡みの不満しか述べてませんが、星の夢戦自体は好きですしタイムアタックで外すべきかと聞かれるとうーん・・・。

しかし私としては「いつも通りの神ゲー」です、買おうか迷ってる人に「安心して買え」と勧められます。
夢の泉DX→鏡の大迷宮ドロッチェ団→ウルトラスーパーデラックス→Wii→トリプルデラックス→ロボボプラネット、と
カービィシリーズは段々良い作品へと進化していると思うんです。
前作よりシステムが良くなりつつ新しい特有の要素を組み込んでくるカービィシリーズ、次も楽しみです。

・・・・・

ところで、ロボボプラネットの時に始めて「ハルカンドラ万能説」みたいなのを知ったのですが・・・。
確かによくできた説だと思うけど私はなんか賛同できません。
マホロアが「そう言っていた」というだけならいまいち信憑性に欠けるというか、なんでもかんでもハルカンドラってのはどうかなと。
記憶が飛んでる部分もあるのでいずれWiiをプレイしなおして検証したい所です。