読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【昔話】金銀データ消失事件

さて今日は最近の事ではなく過去を振り返ってみようかなと、時にはそういう事も大事。
今回は私のポケモン史における重要な局面「金銀データ消失事件」について語ってみようと思います。

当時の私は初代に引き続きポケモンを輸送して金銀を楽しんでました。
ポケモンスタジアム金銀」という神ゲーの存在により対戦が楽しく、当時のアニメもとても面白かったです。
そんな金銀時代ですがある辺りからそれが狂い始めます・・・。
最初はポケスタ金銀からです、ポケスタ金銀はポケモンバンク的な機能があり64カセットにポケモンを預けることができたのですが・・・。
そこに預けたポケモンの名前がバグりました。
最初は大事なポケモンには無関係だったので、気味悪く思いつつそのバグったポケモンを逃がしただけで済ましました。
しかし段々バグの範囲は広がっていき、大事なポケモン達にも影響が出始めたのです。
名前がバグるだけではなく、タマゴが勝手に孵化したり、親の名前が変わってたり、技がおかしくなったり、もはや種族不明になったり・・・。
さすがにまずいと思いそのポケモン達を当時のメインロム(金)に移動しました・・・しかし、そのメインロムのデータすらおかしくなり始めたのです・・・。
そして私は初代のメインロム(ピカ)に一部のポケモン達を移し金銀には触れず、ひたすらピカチュウのサマービーチを続けていたのでした・・・。

その後、ポケモン第三世代「ルビー・サファイア」が発売するわけですが、当時の心境とどうせエメラルドが出るという読みから購入せずにカービィ(夢の泉DX)をプレイしてました。
私がルビサファ時代の思い出が乏しいのはこの辺が関係しているのです。
ポケモンから距離を置いてた事が最終的にあるサイトにたどり着くきっかけとなったのですがその辺はまた別の話で。