イカ2発売が楽しみでわくわくしてる

私はSwitch購入済みなので後は発売を待つだけです、楽しみ。
Switchもセーブは全部本体依存、そしてイカの起動頻度からしてDL版を購入しようかなと思ってるので、ソフトの予約は特にしなくてもいいんです。
ゲームカードフリー版にも興味はあるけど受け取るの面倒だし箱そこまで欲しくないし。
時期的に発売までにやらないといけないことが結構あるので、それを消化しながらイカのカンを取り戻しながら待とうと思います。
イカでの愛用ブキであるパブロが未発表なのが気になりますが・・・まぁ継続してると信じたいです。
最近はチャージャーの練習もしてます、命中するようになると楽しいですね。

それとグラブルの話も少し。
SRスキル餌が足りないので古戦場走って集めます、今回は銃選んでエレメントを集めるかそれとも・・・。
なんでSR餌が足りないかは私にもよくわかりません、単純に運の問題なのですかね?
それ以上に光のエレメントがクッソ足りないのも謎です、しばまぐが召喚石全然落とさないのが悪い!
いやほんと・・・勘弁してくださいまじで。

ポケモンウルトラサンムーンとかの話もそのうちすると思うんでよろしく。

前言撤回

一つ前の記事でモンハンXXで二つ名クリアしていくみたいなことを言ってたミラです。
あの後野良で二つ名ザザミ13に挑んだのですが強さに心折れたので諦めました・・・。
勝てそうで勝てないぐらいなわけですが、この後14と15が控えてると思うとこわい。
(というか一緒に出てくるジンオウガも強い)

というわけでイフ斧集めてました、ひとまず1本用意できそうだしなんかもうこれでいいかなって。
さて、イカ発売までどうしようかな・・・。

二つ名討滅したい

闇有利古戦場を終えてすごく久々の更新となります。
いやもうゼノイフ戦が始まってるんですがね・・・。

グラブルに一息ついた所でモンハンXXのやり残しを進めようかなと色々してます。
7月21日にイカ2の発売があり、イカ2が出たらそれに没頭する予定です。
さらに発売前はイカ1をプレイして腕を慣らしておきたいです。
するとモンハンXXができるのはそれまでの間になる可能性が高いわけです。
そこでカマキリ装備もある程度できてるので、しばらく二つ名を倒していこうかなと思いました。
二つ名関係は野良で誰かが貼ったのを進める形式で素材集めしてたので、自分のクエがロクに進んでおりません。
そこで進めてみようかなと思いました。

続きからどーぞ

続きを読む

モンハンXXやってます

ついった見ればわかる通りなんかずっとモンハンXXやってます。
防具合成もっと早く解禁して!という点以外は特に文句はない感じ。
色々な武器やスタイルがあるので色々な戦い方を試したいなぁと思ってます。
今は装備を作ってる段階で、装備を作るために狩るための装備を作るのも楽しみですよねこれ。

現在のHRは11。
笛>ハンマー、大剣>チャックス、スラアク、ヘビィ、双剣
くらいの頻度で使っています。
笛に関しては青赤旋律が好きですが、基本的に音や見た目で選んでいます。
リコーダーとかオルゴールとかカスタネットとか色々あって好き。
でも野良に行く時は封印してハンマーや大剣を使っています。
旋律がまだ維持できないので旋律維持できるようがんばりたいですね。

現在はチャックスとスラアクを重点的に練習しています。
チャックスは奥が深いです、盾にエネルギーを溜めたり攻撃中にガードしたり、ブレイブだとまた別の動きがあるらしいので練習したい。
スラアクはざっしゅざっしゅざっしゅざっしゅざっしゅざっしゅ・・・どっかーん!

さて今日も野良に潜り込んで素材集めますかね・・・。

グラブルモチベが少し回復してきた話

引退とは何だったのだろう的な話になるかもしれない。

共闘とかで碧空集めつつ、光パ辺りを強化するためにシュヴァリエ・マグナに通い。
ずっと放置してた風パ強化のためにティアマト・マグナにまで手を出してます。
そして特に理由は無くグランデ素材を集めてる感じ。
オリバーは属性変更とかまで行かなくて良さそうなので銀天使って光以外のニルヴァーナでも取ろうかな?とか考えてます。

セラフィックウェポンとか追加されてるらしんですが、とりあえずその辺は保留。
(というかまずそれを強化するクエまでメインシナリオ進めないといけない)

明日にはアプサラス取れてると思いますが、モンハンXXに夢中になってると思います。

なんかブログ開設半年らしい

全然記事書いて無いのに時が経つのは早いもんです・・・。

最近は色々創作を勧めつつSwitchでゼル伝やってます・・・と言いたいんですが、
なんかこう体長が悪くだらだらしている時が多いですね・・・。
だいたいは花粉ってやつのせいなんだ!

はい。

過去の光

星があった、暗い空に輝く星があった。
暗い空に、ひと際輝く星があった。
その星を見てるうちに、その星を知りたくなった。

私は星に近づこうとした。光の元へ届こうとした。
近づくにつれ私は知る事になる、その星が今はもう無い事を。
私が見ていた輝きは、過去の星の光だった。

私は今も光を見ている、過去の輝きを感じている。
でも星は居ない、過去の輝きしかそこにはない。
散らばった光を集めて、時の記録を紐解きながら、私は星を眺めてる。
二度と戻る事のない過去を想いながら。

※続きから台無しになります

 

続きを読む